シミウスをもっと効果的に使うなら!マッサージがオススメ♪

シミウスは美白効果が高いことで有名な化粧品です。だけど、シミウスの特徴はそれだけではありません。マッサージを取り入れれば、たるみの改善やむくみ防止の効果も期待できるんです。

 

 

→シミウスでマッサージもできる?詳しい使い方はこちら


毎日できる!簡単マッサージ

シミウスのマッサージは忙しい朝でもできるくらい簡単なんですよ。慣れれば2分ほどですべてのステップが完了します。

 

  1. リンパを刺激する
  2. 耳たぶの裏側のくぼみに親指を当ててください。10秒ほどかけて、ゆっくりと押し込みます。

     

  3. 頬のこりを解す
  4. 軽くこぶしを握り、頬骨の下に第二関節を当てます。そのままこぶしを上下に返すように動かします。

     

  5. たるみを引き締める
  6. 頬の筋肉を十分に揉み解したら、手を開いて顔の中央に当てます。たるみを引き上げるようにして、顔の中心からこめかみに向かっててのひらを滑らせましょう。

     

  7. リンパを流す
  8. 仕上げに耳の下から鎖骨に向かって軽く撫でおろします。最後に鎖骨の中心から肩先に向かってリンパを軽く流したら終了です。

慣れてきたら集中マッサージ!

簡単なマッサージに慣れたら、もう少し複雑なマッサージにステップアップしましょう。

 

  1. リンパを刺激する
  2. 簡単なマッサージと同じように、耳の裏側を10秒ほど押します。

     

  3. フェイスラインを引き上げる
  4. 両手を合わせた状態で親指をあごに当てます。てのひら全体で頬を引っ張り上げるようなイメージで、フェイスラインに沿ってゆっくりと動かします。

     

  5. 頬の筋肉をほぐす
  6. 頬骨の下にこぶしを当て、上下に返すように動かしながら揉み解してください。

     

  7. 老廃物を流す
  8. あごの関節を両手の親指でおさえ、ゆっくりと力を込めます。ある程度圧迫したら、耳へ向けて親指を滑らせてください。

     

  9. たるみを引き上げる
  10. 手のひらを顔の中央に当て、こめかみに向かって引き上げるように動かします、

     

  11. 目周りのケア
  12. 両手の親指を曲げ、第一関節を目頭に当てます。くぼみに沿って目頭から目尻にかけて軽く押して解しましょう。仕上げに力を込めずに目頭から目尻に向かって指を軽く滑らせます。

     

  13. 額のシワを伸ばす
  14. 額に指を添え、頭皮に向かって引き上げます。

     

  15. リンパを流す
  16. あごにてのひらを当て、顔全体を引き上げるようにフェイスラインに沿って動かします。最後に耳の下から鎖骨、鎖骨の内側から外側へリンパを流して終了です。

効果的なマッサージのために

効果的なケアのために押さえておきたいコツをいくつか紹介します。まず、マッサージをする時には少し多めにシミウスを使うよう気を付けてください。ジェルが少なすぎると指の滑りが悪くなり、摩擦で肌を傷つけてしまうおそれがあります。

 

目元をマッサージする時には、さらにシミウスを足すと良いですよ。目元の肌は特に薄くてデリケートです。強く擦ったり圧迫したりするとかえってシミやシワの原因になってしまうので、気を付けてくださいね。

 

シミウスのジェルは肌になじみやすいので少し多めに使っても、ほとんどは浸透してしまいます。もしも肌に残ることがあれば、そのまま気になる部分に乗せて、パックとして使ってしまいましょう。

 

マッサージをするタイミングは、肌が清潔な洗顔後か、肌が温まって柔らかくなっているお風呂上がりがおすすめです。シミウスを使ったマッサージは、毎日続けることでより効果を発揮します。美白だけでなくエイジングケアも気になっている方には特におすすめです。

 

 

→シミウスは公式サイトから購入できます

 

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

 

 

 

_